とかしくビーチ

渡嘉志久ビーチは、渡嘉敷島の真ん中あたりのビーチです。
波打ち際から150Mほど遠浅になっており、浅場では海亀が水草を食べていることが割りと多く簡単に見つけられるでしょう。浅瀬にはサンゴやお魚は少ないですが、沖合ではシュノーケリング体験ダイビングなどのポイントとなっていておすすめです。

行き方

阿波連地区にご宿泊の場合は、浅瀬から綺麗なスポットまで200Mと泳ぐと大変なので、シュノーケルツアーや体験ダイビングなどでボートで行くことが殆どです。港から直接とかしくビーチへ行く際には、路線バスが運行していない為、タクシー・レンタカー・ホテルへの事前予約が必要となります。

シャワーや更衣室について

とかしくビーチでの海水浴の場合は、渡嘉敷村のシャワー施設またはホテル等をご利用下さい。

渡嘉志久シャワー施設

村営のシャワー施設

渡嘉敷村の運営するシャワー施設は5分300円で利用できます。

とかしくマリンビレッジ

マリンビレッジ

ホテルのシャワーは500円で利用できます。

村営のシャワー施設は300円となり安く感じますが、男女1個づつということと、管理が適切にされていることを考えるとホテルのほうがいいと思います。ホテルを利用の場合、コインロッカーや浮輪などのレンタル用品を利用できるでしょう。

とかしくマリンビレッジ

食事について

阿波連ビーチと違い、渡嘉志久集落には予約なしで入れるような食堂はありません。レンタカーなどでとかしくビーチへ行く場合には昼食の持ち込みが必須です。2015年の夏に確認したところ、ホテルを利用した場合、食事を利用できるようです。

とかしくビーチへの日帰りプランを開催している施設

渡嘉志久の海

渡嘉志久ビーチ沖の水中

ダイビングスポットとなっているとかしくビーチ沖合は熱帯魚も多い。

海亀

浅瀬はウミガメがエサ場としている

慶良間諸島渡嘉敷島観光ガイド